塗り薬で目ジカラアップ|加齢と共に肌に優しいファンデーションに切り替えを|ソフトタッチ道

加齢と共に肌に優しいファンデーションに切り替えを|ソフトタッチ道

女の人

塗り薬で目ジカラアップ

石鹸

長く濃くなる

塗り薬を塗ってまつげを伸ばすことを「まつ育」と言います。まつ育をすることで、自分自身のまつげがマスカラをつけたように長くなります。アイメイクが映えるようになり、目が魅力的になります。また、メイクをオフしてノーメイクになっても目ジカラが強くなります。まつげの塗り薬は、「強く、太く、濃く、丈夫にする」するための育毛有効成分を配合しています。一日1回〜2回塗ると育毛有効成分が毛根に浸透し、毛がぐんぐん伸びます。そしてビューラーやエクステなどで傷んだまつげが修復されて、抜けにくくなります。美容液になっていて、マスカラ下地として使えるタイプもあります。下地としてまつげに塗れば、マスカラが一本一本にしっかり密着します。

毛周期が改善される

まつげが短い、少ない、抜けやすいなどのコンプレックスを解消できるのがまつげ専用の塗り薬です。育毛効果がある育毛有効成分が細胞に働きかけ、根っこの部分から丈夫に育てます。女性はクレンジング剤の影響でどんどんまつげが傷んでいきます。生まれつき濃く長い人でもまばらになり、メイクに頼らざるを得ない状態になります。そうした状態を改善してくれるのがまつげの塗り薬です。まつげには成長期・退行期・休止期・脱毛という毛周期があります。成長期が短く休止期や脱毛期が長い状態だと、バラバラの貧毛になります。塗り薬を塗ることで、成長期が長くなります。フサフサの状態を長時間キープできて、メイクなしでも自信が持てるようになります。